予防歯科


歯科の2大疾患といえば虫歯(う蝕)と歯周病(歯肉炎/歯周炎/歯槽膿漏)です。

 

 いずれも細菌(ばい菌 悪玉菌)が原因です。

 

 細菌、細菌の代謝物(排泄物や糞? ネバネバ)や、食べかすが混然一体となり、「バイオフィルム」といわれる細菌の巣が形成されます。

 それはまさしく有毒物質製造工場のようなもので、組織を破壊しながら、次第に拡大されていきます。

 ある種の細菌によっては、酸が作られ、歯の表面が溶かされ、虫歯ができます。

 別の種の細菌によっては、歯ぐきや骨に炎症を起こす物質が作られ、歯周病が進行します。

 

 これらを徹底的にたたいて、虫歯・歯周病を防ごうというのが予防歯科です。

 

主な内容 「どう治療するのか?」

 

定期検診

虫歯のチェック

汚れのチェック

ブラッシング(プラーク・コントロール)のレベルアップ

クリーニング  :PMTC(Professional Mechanical ToothCleaning)またはPTC

 

 スケーリング(歯垢や歯石の除去)・プレーニング(平滑化)・ポリッシング(研磨)によりバイオフィルムを破壊し取り除き、汚れの付きづらい、滑らかな表面に仕上げます。

 同時にフッ素を塗ることにより、歯質を強化したり、細菌の働きを弱める効果を期待するものです。

 

 最近、この言葉を耳にされる方も多いと思います。  定期的な歯面の十分なクリーニングとフッ素の応用が、虫歯や歯周病の予防に高い効果があることが、北欧での研究で科学的(疫学的)に立証されました

 これは私たち歯科専門家が専用器具や薬剤を用いて行う際の専門用語です。

 器具・薬剤・方法に多少の進化はあるものの、同様のことはかなり以前より行われておりましたので、新しくはないものの、プラーク・コントロール同様、近頃定着してきた実に直接的な表現の単純な用語ですね。

 

シーラント充填 (フッ素を含む樹脂で、むし歯になりやすい溝をカバーします)

 

 

■ 歯磨きの重要性について

お口の二大疾患、虫歯歯周病は一種の生活習慣病とも言われ、原因もほぼ究明されてきました。

予防するには、お手入れ(プラークコントロール)がとても大事です。

 


■ 効果的な歯磨き方法について

歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)や歯と歯の間は、磨きがおろそかになりがちな重要なポイントです。

歯ブラシの届きづらい奥歯の方や、思わず吐きそうになったりする磨きづらい歯の裏側のケアも、もちろん大切です。

 


■ 電動歯ブラシの利点

「効果的な歯磨き方法はわかったけど、時間がかかりすぎる・・」

「途中で疲れてしまう・・」

 

今では、そんなこまかい動きをあなたの代わりにしてくれる物がありますね。

手もさほど疲れず、腕を動かさないので体の振動も少ないので、どこを磨いているか感じやすい。また歯の裏側も思った以上に磨きやすい。

そうです・・・

 


当クリニックでは、効果的な歯磨き方法の指導もおこなっております。

お気軽にお問い合わせ下さい。